トップ / 幹部 / 現在の参加者 / 少年監禁装置の「言葉」 / 記録 / 掲示板 / チャット

 

 

少年監禁装置の「言葉」

 

 

「夜の昼寝 」
 
榎本真子による言葉。
夜中にもかかわらず昼寝のような感覚で短い休眠を試みること。
失敗することのほうが多い。

 

 

「心の遠距離恋愛」
 
森陽平による言葉。
物理的には会えなくもないが、別に会わなくても平気だという交際状態。
心が離れているわけではなく、その場合は「倦怠期」を使う。

 

 

「ゴキブリ監禁装置」
 
森陽平による言葉。
ゴキブリを生きながらにして吸引した大池容子の掃除機を指す。
(ちなみに吸引作業を行ったのは榎本真子である)
その後、大池がガムテープで吸引口を塞いだため、本来の機能を失い、純粋な監禁装置として生まれ変わった。

 

 

「オブツ壇」
 
原浩史による言葉。
「大池容子は『汚ギャル』か否か」という議論の最中、原が「『汚ギャル』っていう言葉が出た後にさ、『オブツダン』って聞くとなんか違うもの想像するよね」と呟いたことから始まった概念。
あくまで思いつきであり、悪意や冒涜の意識はない。

 

 

「起きるまで寝る」
 
大池容子による言葉。
言語による『時間』という概念にとらわれずに生活していくことを宣言した言葉。
ということにしておく。

 

 

「天皇の息子ですから」
 
森陽平による言葉。
源氏物語の展開を誰もが納得できるように一言で表した言葉。
日常で使ってみると、とても頭が悪そうに聞こえる。

 

 

 

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー